算定基礎届

健康保険及び厚生年金保険の被保険者の
実際の報酬と標準報酬月額との間に
大きな差が生じないように
7月1日現在で
使用している全ての被保険者に4~6月に支払った賃金を
事業主は「算定基礎届」を提出し
厚生労働大臣は
この届出内容に基づき
毎年1回標準報酬月額を決定する(定時決定)
決定された標準報酬月額は
原則1年間(9月から翌年8月まで)の各月に適用され
納める保険料の計算や
将来受け取る年金額等の計算の基礎となる
4月から6月までの賃金が重要といわれるのは
この計算の基礎となるからである
提出時期は7月10日まで
社労士は6月から7月にかけて
労働保険(労災保険・雇用保険)の年度更新
の時期とも重なり今が繁忙期のようである
社労士をしている息子も
顧問先と年金事務所等を行ったり来たりで忙しそう
年中満遍なく仕事があって
それほど忙しくなく暇でもなく
満遍なく収入があればよいのであるが
なかなかそういうわけにはいかないのである

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック