ヒロちゃんの士業日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 後見等申立時の聴取

<<   作成日時 : 2018/10/11 05:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

後見、保佐、補助など申立てると
家庭裁判所に申立人が出向いて
即日事情聴取をされるのが通常である
保佐で代理権ありの場合や
補助の場合は本人面談も必要なので
本人も同席することになる
司法書士が申立書類を作成したり
後見人等候補者となっている場合には
司法書士も同席
日頃から本人の様子を知っている支援者など
大勢参加で面談することもある
申立人や本人が家庭裁判所まで行けない
事情があるような場合には
その旨、上申書を出して認められれば
家裁の調査官に
自宅や施設、病院まで出向いて頂くことも可能
聴取内容は
申立書に記載した内容や申立理由
本人の状態や意思確認など
試験ではないから
答えられなくても問題はない
後見類型の場合は書面審査のみの取扱いも
大阪本庁で始まっているが
原則的には聴取が後見等審判の入り口なのである

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
後見等申立時の聴取 ヒロちゃんの士業日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる