自筆証書遺言

改正民法により
自筆証書遺言の様式が緩和された
旧法では必ず全文自筆が条件だったものが
相続財産目録の部分は
ワープロ打ちや
登記簿、預金通帳のコピーでもよくなった
国として
自筆証書遺言の活用をすすめているようにも思えるが
それでもやはり
遺言は公正証書で作成した方がいい
自筆証書遺言の場合
書き方によっては
そのままでは預貯金はともかく
不動産名義変更には使えず
結局、相続人全員の上申書が必要
という事態になることが多々あるからである
相談に来られて
よほど時間的に余裕が無ければ
仕方なく自筆証書遺言をまず作成するが
公正証書を作成する時間があれば
自筆証書を作成した後であっても
公正証書で作り直すようおすすめしている
後々の紛争を避けるだけではなく
手続きの煩雑さを避ける意味でも
遺言は絶対公正証書がいいと思う

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック