検認手続き

自筆証書遺言の執行は検認手続きが必須
遺言書の検認とは
遺言書の形状や加除訂正の状態
修正の有無、日付、署名
などを記録しておく手続きで
遺言書の内容の有効無効を
保証するものではない
単に遺言書の偽造・変造を防止するため
のものである
検認申出は
戸籍を収集して
推定相続人を明らかにし
管轄の家庭裁判所に対して行う
推定相続人には
家庭裁判所から検認の通知が送られる
立会をするか否かは自由であるが
自筆証書遺言の存在を
推定相続人が知るところとなる
改正法で
法務局で保管する場合には検認不要となるが
手続きの詳細はまだわかっていない
こっそり執行ができるのか否か
気になるところである

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント