相続財産管理人

相続人の存在不存在が明らかでないとき
(相続人全員が相続放棄をして
相続する者がいなくなった場合含む)
家庭裁判所は申立てにより相続財産の管理人を選任する
相続財産管理人は
被相続人の債権者等に対して被相続人の債務の清算を行い
清算後残った財産を国庫に帰属させる
1.まず家庭裁判所は
相続財産管理人選任を知らせる公告をする
2.1の公告の2か月経過後、財産管理人は
相続財産の債権者・受遺者を確認するための公告をする
3.2の公告の2か月経過後、家庭裁判所は
財産管理人の申立てにより
相続人を捜すための公告を6か月以上の期間を定めて行う
期間満了までに相続人が現れなければ
相続人がいないことが確定
4.3の公告の期間満了後
3か月以内に特別縁故者の相続財産分与の申立てが可能
5.この間、財産管理人は家庭裁判所の許可を得て
被相続人の不動産や株を売却、債権者や受遺者への支払
特別縁故者が認められれば相続財産を分与
6.相続財産が残った場合は国庫に引き継いで手続終了
時間と労力を要する手続きである

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント