固定資産税

固定資産税の納税通知書は
その年の1月1日現在の所有者に
5月の連休明け位に送られてくる
その後、不動産を売買した時には
取引の際に日割りで精算する
つまり買主が
所有権を得たあとの税金は
売主に渡しておく
請求は売主(1月1日付所有者)になされるので
それで特に問題は起きない
相続が起き
1月1日現在の所有者が被相続人の場合には
相続人に対して
どの相続人が代表者となるのか
届出てくださいという通知がくる
相続人代表者の届出をすれば
今後その人宛に納税通知書は送られる
もし一切の相続を拒否するのであれば
期限内に相続放棄の手続きを行い
役所に届け出ておくことが必要
売れない不動産が増えている昨今
固定資産税を払い続けることが嫌で
相続放棄をする人も増えている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント