家督相続

昭和22年5月2日以前に発生したの相続では 旧民法が適用され 戸主が被相続人の場合は 家督相続した人が単独で相続する そして家督相続における法定家督相続人は 相続放棄は許されない ことになっていた この旧民法 不公平に思えるかもしれないが 家督相続した人は その後、親の面倒をみて 時には兄弟姉妹の面倒までみていたか…
コメント:0

続きを読むread more