成年後見制度利用促進

法務省が今年5月に出した資料
「成年後見制度の利用促進に関する取組について」
を見ていた
任意後見契約を結んでも
任意後見監督人が選任されていない事が多い
任意後見制度が不便、不都合と感じる点は
1.公正証書を作成するために公証役場に行くのが負担
2.任意後見監督人に報酬が支払われることが負担
3.任意後見監督人や家裁による監督が負担
4.報告をもっと簡便にしてほしい
5.判断能力が衰えた時に任意後見が開始されるか不安
6.任意後見受任者になってくれる人を探すのが負担
任意後見契約を結んだものの
親族が受任者となることが多いことから
大抵、後見を始めなくても事足りる
実際、とても困るような事態にならない限り
費用負担はしたくない
監督されたくない
ということが本音のようだ
このところ社協や地域包括から依頼される案件も
急ぎでお願い が多い
転ばぬ先の杖は必要とされず
転んでからの成年後見が課題となっている

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント