テーマ:仕事

印鑑証明書

司法書士会や行政書士会に入会する際に 「資格名〇〇〇〇之印」 等の職印の登録をする 領収書、職務上請求用紙 法定相続証明情報、訴状などに押印 一緒に職印証明を出すことまでは 求められていないが 金融機関などで 遺産整理業務を司法書士として行う時や 成年後見人の登録を行う時に 後見登記が自宅ではなく事務所の場合は 個…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長い仕事

3年位前から相談を受けていた案件 がようやく一段落した 笑顔で 「ありがとうございました」と言われ こちらも、心から 「ありがとうございました」と言う 我々の仕事は一期一会 あのとき出会わなければ ということがよくある 私は飛び込み営業のようなことは やったことがなく 銀行員だった友人に 「司法書士なら近くの銀行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ざっくり

相続の相談などで 最初によく言われるのが 「先生、ざっくりいくらになりますか?」 「はっきりはわかりませんが ウチの事務所の基準は〇〇円で これに上申書をつける場合は〇〇円 戸籍や住民票、評価証明など 当方で取寄せる場合は〇〇円 実費の計算の仕方は これこれで それを合計していただくと ざっくり出ると思いますが」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日

サラリーマンの時は 金曜日は一番好きな曜日 金曜日の帰りに 同僚と一杯やって 一週間分のストレスを解消 土日は 趣味の山登りなどして リフレッシュする というサイクルが多かった 司法書士試験をめざすようになっても やはり 金曜日は一番好きな曜日 土日は 自分の好きに使える 図書館に行ってひたすら勉強する 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事務所大事務所模様替え

事務所に物が溢れ 身動きが取りにくくなっていたもので お盆休みに大片付け 要らぬものをすべて 自宅に持ち帰り 通路にあったものを整理し 随分、すっきりした 開業以来 紙で持っている資料も 本棚に収まらなくなっている PDFにして かさを減らしていこうと思う 以前やった仕事の資料は 法務局や顧客とのやり取り 細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2万2千歩

昨日はお盆休み前最後の平日 一日中歩き回り2万2千歩 日帰り登山の日より 歩数が増えていた 司法書士になる前に 某受験予備校発行の雑誌で 「司法書士の一日」の記事を読んで イメージしていたが それ以上によく歩く 司法書士と言えば不動産決済 決済の日に立会い確認し 「実行していただいて結構です」 と言うのが司法書士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タスカル5年

司法書士ソフト「タスカル」を導入して5年 更新の契約書を送る 入れる前は自作のWORDやEXCEL書類を コピーして使っていたが どうしても、見落としが生じる 物件の内容入力で 登記情報サービスのPDFを 直接読み込んでくれるのが 特に「助かる」機能である あとはバックアップ 一日の終わりに バックアップを動かして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本人の意思確認

司法書士の新人研修で 不動産取引の現場で 人・物・意思の確認を行うこと が司法書士の責任であると教えられる 人や物の確認は 免許証・マイナンバーカードや 登記簿で確認できるが 意思確認は難しい 実は売る気はなかった 実は買う気はなかった と言われてもわからない 不動産取引に限らず 例えば遺言書の作成 余命宣告を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言

緊急事態宣言が発令されたが 事務所近くのパチンコ屋は開いている 後見申立書類を家庭裁判所に提出すると 書記官から 「緊急事態宣言のこともあり 調査や連絡が遅れることが予想されますが ご了承ください」と言われる 確かに、このところ 戸籍の郵送請求しても返送が遅く 登記申請の終了が遅く 裁判所への申請の返事が遅い その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郵便事情

外国へ手紙を郵送したが 新型コロナ騒動のせいか 予定到着日を随分過ぎても 届いていないとのこと 外国から日本への郵送も 難しくなっている 先日、日本でも 郵便局員が新型コロナウイルスに感染したため 数日間業務を休止した郵便局が出て 郵送で書類を送付する形の 登記申請ができなくなっていた この郵便局はすぐに業務を再開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財産引継ぎ

被後見人さんが亡くなられると 後見人の業務は基本的に終了する 残余財産が残っていなければ 最後の報告書を家庭裁判所に提出して終了 となる 残っている場合でも いつまでも被後見人の財産を管理する ことはできないから 相続人を探し出してきて 全員或いは代表者に残余財産を引渡すか 相続人がいない場合には 相続財産管理人選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博学な方

つい先日任意後見契約を結んだ 90歳近い方 契約を結んだといっても 今はしっかりされているので 当分何もすることはない 見守り契約を結ぶのがいいのだろうが 今はいいわ とおっしゃっているが 2週間に1度くらいの頻度で 自宅を訪問している 話がどうにも止まらず 次から次からあふれ出てくる 読んでいる新聞は 日経新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続放棄

最近、相続放棄のご相談が多い 相続放棄とは 正の財産も負の財産も すべて放棄すること 初めから相続人ではなかった ことになる 大きな借金があるわけでもないが 亡くなった方が 田舎の山林などの所有者の場合 不動産所在地の市町村から 土砂崩れを起こしそうなので 何とかしてください という通知が来た という話が昨今多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見等開始申立書の書式改訂

全国全ての裁判所で統一させる という趣旨で 後見等開始申立書の書式が 大阪家裁で今年1月から改訂された 以前にも 郵券の変更や必要書類の追加は多少あったが 今回は 書式の内容が刷新されている 申立書の書式が改訂されたからといって 実務の内容が変わるわけではないが 本人の事情を よりきめ細やかに把握し 本人の意思決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見報酬

後見報酬が非常に高い と世間(マスコミ)は喧伝しているが・・ 被後見人さんの収入(年金のみ)が 非常に少ない場合 そのほとんどが施設費や入院費に使われる 後見の報酬は 家庭裁判所が付与の審判を出すが 本人の財産が無ければ 事実上出せない 市によっては 生活保護受給者の場合に 補助金を出してくれるところもあるが そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初日ハプニング

2020年仕事始め オンラインで商業登記を入れたが オンラインの表示が「到達待ち」 のまま進まない 1時間経っても進まず 法務局に電話をかけてみると 「サーバーに障害が出ています」 とのこと 午後3時まで待ったが 進みそうにない 会社の設立登記は 受付日が設立日 1月6日中に受付けられなければ 1月6日設立とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月休み終了

孫も家に帰っていき 日常が戻りつつある よく食べよく飲みよく寝て 休息は十分取った 本日から仕事モードになる 2020年の目標は 1.新しい分野の開拓 今年から本格的にチームで 取り組むことになっている 2.後見分野は今まで通り 勉強もしっかり欠かさぬこと 3.登記・裁判・債務整理 どんなことにも対応できるように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺言書の検認

公正証書ではない遺言書の保管者 又はこれを発見した相続人は 遺言者の死亡を知った後 遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して その「検認」を請求しなければなりません (裁判所HP) 申立するのは 遺言書の保管者 遺言書を発見した相続人 被後見人さんの居住用不動産売買の際に 不動産屋さんから 「自宅から出てきました」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事いろいろ

久々、府庁へ 建設業の決算変更届の提出 以前、行った時に1時間ほど待たされたので 読む本を持っていったのであるが システムが変わったのか5分ほどで終了 待たなくていいのは大いに助かる 会社設立 何らかの申請が必要な業種では 目的欄には要注意 ある程度は こちらでも助言できることは助言するが すべてを網羅的に把握して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キックバック

阿部寛主演のTV番組 「まだ結婚できない男」が面白い 建築設計事務所を経営する一級建築士の桑野が 要らぬ一言を発しつつ 結局、面倒見の良さをあちこちで披露 前回は会社の専務から 高額の設計料で設計を依頼されるが 後になって、「キックバック」を要求され 逆に会社に告訴して専務を辞めさせる という展開 司法書士の世界では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己破産

自己破産とは 借金をゼロにしてしまう手続き 税金、社会保障費他免責されない債務もあるが 金融機関やクレジットの債務は無くなる ある程度以上(20万円基準)の資産があれば それを債権者に配当する必要が生じ 破産管財人が選任され配当を行なう(管財事件) 資産が20万円未満で 免責不許可事由もないような場合は 基本的に破産管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダスキン清掃

やらなければならない事が 山積み状態で 休日返上で出勤 懸案事項を少しずつ片付けていく 仕事は 時間をかけて 考えなければならないことが ほとんど 司法書士は 紛争になってからが仕事ではなく 紛争になる前に うまく合意に持っていくのが 仕事だと思っている どうしても 合意ができない場合もあるが できれば裁判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境内地境内建物の登記

宗教法人が売買、寄附などにより 不動産を取得した場合の登録免許税について 登録免許税法第4条第2項 「別表第三の第一欄に掲げる者が 自己のために受けるそれぞれ同表の第三欄に掲げる登記等 (・・当該書類を添附して受けるものに限る。) については、登録免許税を課さない」 つまり宗教法人が 専ら宗教法人の用に供する境内建物・境…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見報告書

後見人になると 管轄の家庭裁判所に 年に1回、本人の誕生月に報告書を 提出しなければならない たくさん仕事をするほど 報告書の作成には多大な労力を要する 日報と現金出納帳はEXCELだが 領収書を貼り付けたノート 施設や病院からきた通知 こちらから提出した書類等は 基本的に紙ベースで保管していて 探し回るのに時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見業務の終了

被後見人さんが亡くなると 当然に後見は終了する 後見人としての権利義務も終了 残された任務は 後見の終了報告をして 残余財産があれば引き継ぐのみ 火葬の手配や病院や施設の清算など 親族さんがやってくれる場合には こちらがでしゃばる必要は無いが やってくれない場合には 事務管理(法律上の義務のない者が事務をすること) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老齢年金請求

被後見人さんはもうすぐ65歳 65歳から老齢基礎年金、老齢厚生年金 の受給権がある人には 65歳に到達する3か月前に 年金加入記録等が印字された 「裁定請求書(事前送付用)」が 送付されてくる 早速話を聞きに年金事務所へ 誕生月の前月までにやればいい とのことであるが 振込にある程度期間がかかるので 早めに手続きす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月末日

翌日から消費税が上がるからか 元々、不動産取引が多い日なのか 昨日の銀行は超混みあっていた 仏滅なのに多かった決済 一般のお客さんも多かった 応接室を借りることもできず 待合の椅子を立ったりすわったり 行ったり来たり 「実行して頂いて結構です」 と言ってから 売主さんの口座に振り込まれるまで 2時間ほど 私はヘル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捨印

登記申請の書類 委任状、登記原因証明情報、上申書などには 原則、捨印を押印していただくことが多い 捨印が無ければ 軽微な修正であっても こちらで勝手にできないことになる 金融機関の出す書類などは 捨印を押してくれることはめったにない また、どうしても捨印を押すのは嫌 と押していただけない場合もある 捨印を押したからと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渉外相続登記

被相続人が日本人の場合は 日本の法律が適用される ことは周知のことである どこの国の法律によるかは 最も重要なことで 例えば、日本と韓国では 相続人も違うし 法定相続分も違っている ただし「反致(はんち)」というものもある 反致とは 訴訟地の国際私法の規定だけでなく 外国の国際私法の規定も考慮した上で 準拠法を定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見開始申立

後見等の開始申立の書類作成は 時々依頼される業務である 申立をすることができるのは 4親等内の親族、本人、市町村長等 一番多いのは親族申立であるが 本人自身が周りから説得されて申立てる ということも結構ある 申立を行なった人に対しては 聴取面談が行なわれる 家庭裁判所へ出向いて或いは 調査官がやってきて行なうことにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more