テーマ:遺言

遺産分割協議書

不動産の相続登記をする際に 遺言書が無く 法定相続分の通りに登記するのでなければ 通常、遺産分割協議書が必要となる そして、その遺産分割協議書には 相続人全員が署名、実印押印が必要となる 相続人全員の中に 行方不明の人がいる場合には 不在者財産管理人の選任申立て 失踪宣告等の申立て を行う方法がある 居るのはわかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検認手続き

自筆証書遺言の執行は検認手続きが必須 遺言書の検認とは 遺言書の形状や加除訂正の状態 修正の有無、日付、署名 などを記録しておく手続きで 遺言書の内容の有効無効を 保証するものではない 単に遺言書の偽造・変造を防止するため のものである 検認申出は 戸籍を収集して 推定相続人を明らかにし 管轄の家庭裁判所に対して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自筆証書遺言

改正民法により 自筆証書遺言の様式が緩和された 旧法では必ず全文自筆が条件だったものが 相続財産目録の部分は ワープロ打ちや 登記簿、預金通帳のコピーでもよくなった 国として 自筆証書遺言の活用をすすめているようにも思えるが それでもやはり 遺言は公正証書で作成した方がいい 自筆証書遺言の場合 書き方によっては …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more