テーマ:後見業務

後見報告書

成年後見人は 定期的(年1回)に管轄の家庭裁判所に 報告書を提出する義務がある 大阪家裁管轄では 本人の誕生月に、1年分の報告書を 提出する決まりである リーガルサポートに所属する司法書士は 家裁への報告書の他に 6ヶ月に1回、同様に報告書を ネットで送信する義務があり 家裁への報告書と リーガルサポートへの報告書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

債務整理

一時期、「過払い事件」が多く発生し 電車内の広告等でよく目にした 私が開業した頃には 過払い事件は ほとんどなくなっていたが 過払いが少なくなっても 借金で困っている人はいる 最近よく聞くのが 債務整理をするべき本人が認知症 というケース 周りの支援者や親族が気づいて 相談に来られる カードローンの返済が 毎月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見開始

法定後見業務は 審判が下りて確定してから始まる 審判 --> 審判書送達 -->確定 審判書が送達されてから2週間は 即時抗告ができる期間で 待たなければならない 確定すれば後見業務が開始する 通常は開始後 被後見人の財産調査をするのに約1ヶ月 家裁に就任時の報告を出してから 本格的に業務を開始するが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訪問また訪問

昨日は訪問日 息子に運転してもらい 施設、病院、ご自宅、作業所等々7箇所を 次々訪問 自転車や電車で訪問できる場所は 公共交通機関を用いるが 車でないと行けない所や 車の方が移動時間が少なくて済む場合は 月に1~2回、集中して 車で訪問する 行かなければ見えてこない事 会って話をすればわかる事 はたくさんある …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏休み

あれだけ雨が降り続いたのが 嘘のように晴天が続く 日傘と汗拭きタオルが必須の夏 今年はマスクと買い物袋も 必携品に加わった 施設に居る被後見人さんから電話 「お金持ってきて!」 銀行でお金を下ろして施設へ 受付前に手洗い、うがい を誘導され 熱チェックと手指消毒のうえ お部屋訪問 「暑いのに忙しいのにすみません」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンファレンス

被後見人さんを囲んでカンファレンス 介護のカンファレンスとは 本人、親族 ケアマネジャー、社会福祉協議会、サービス事業者 など関係者が集まって行う会議で 後見業務をスムースに行う為に 欠かせない ここで日常生活の取り決めや 身上監護の方針 何か非常事態が起きた場合のこと 等々をそれぞれの立場で話し合う カンファレン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染蔓延下での後見業務

近畿司法書士連合会の後見分野研究会 コロナ感染予防のため しばらく研究会は中止となっていたが 5月からZOOM会議で再開している テーマは 「コロナ感染蔓延下での後見業務について」 病院や施設は面会禁止がほとんどであるが 在宅の方の自宅訪問は欠かせない 我々はマスク着用で訪問するが ご本人がマスクをしていること はめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緊急連絡

施設から被後見人さんが亡くなりました という連絡を受ける 施設や病院は 間髪入れず連絡してくる 被後見人の死亡と同時に後見は終了 ご遺体は被後見人の親族が引取る 後見人お通夜や葬儀は行わない 後見人は終了報告を家裁に行い 最後の報酬をいただき 残余財産があれば 相続人を捜し出してきて引き継ぎ 承継報告を行って終了 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見等の類型

成年後見制度において 法定後見の類型として 後見、保佐、補助がある それらは一括りに「後見等」と呼ばれるが 内容はかなり違っている 一旦、類型が決まれば 他の類型に変更するハードルは高く 多少具合が悪くても 結局そのままにしておくことが ほとんどである 後見人等に就任する側とすれば 「保佐」や「補助」では 付与さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意思決定支援

医療ルネサンス「想い」を支える(読売新聞) で押冨俊恵さんについての記事を読む 健常者で作業療法士であった押冨さんが 24歳の時に重症筋無力症を患い できないことに次々直面し 経験したこと思ったことが書かれている 障害者の意思決定支援について 「本人や家族と話をしていて ようやく施設に入ると結論をだした 聞き直すことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後見等申立診断書

後見等申立時の書類で 医師の診断書は必須である 後見等申立て用の 医師の診断書には 長谷川スケールの点数を書く欄と 「後見」「保佐」「補助」の どの類型に相当するか チェックをする欄がある 同じように見える類型であっても 医師によって見解が分かれる 後見制度=人権無視 と広言し 明らかに「後見」類型なのに 「保佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーガルサポート報告

公益社団法人リーガルサポートの会員は 関わっている後見等の事件について 1件ごとに 6ヶ月に1度(期限は月末) LSシステムを使って リーガルサポートに 報告書を送信しなければならない LSシステムは インターネットを利用した オンラインコンピュータシステムで 会員の執務管理、研修管理、会費管理 を行う LSシス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごみ撤去

後見人業務で 本人の自宅の整理をしなければならない という場面はよくある 就任した際に すでに「ゴミ屋敷」状態になっている こともある 部屋のドアが開けられない 押入れ、ベランダ、お風呂場の中まで満杯 生ごみを置いてあれば 虫がわいて ご近所迷惑にもなるから ゴミの処分は 早急に行なわなければならない そして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more