テーマ:相続

相続手続き

1.遺言書の確認 生前に「遺言書を遺した」 という話を聞いていたなら 家探し、公正証書遺言の有無等の調査を行う 公正証書遺言でなければ検認手続きも必要 2.相続人の確定 戸籍を収集して法定相続人を確定する 遺言書があったとしても その内容によっては 相続人の協力が必要となる場合がある 3.相続財産の特定 預貯金、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家督相続

昭和22年5月2日以前に発生したの相続では 旧民法が適用され 戸主が被相続人の場合は 家督相続した人が単独で相続する そして家督相続における法定家督相続人は 相続放棄は許されない ことになっていた この旧民法 不公平に思えるかもしれないが 家督相続した人は その後、親の面倒をみて 時には兄弟姉妹の面倒までみていたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相続財産管理人

相続人の存在不存在が明らかでないとき (相続人全員が相続放棄をして 相続する者がいなくなった場合含む) 家庭裁判所は申立てにより相続財産の管理人を選任する 相続財産管理人は 被相続人の債権者等に対して被相続人の債務の清算を行い 清算後残った財産を国庫に帰属させる 1.まず家庭裁判所は 相続財産管理人選任を知らせる公告をす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

養子縁組

養子と養親及びその血族との間においては 養子縁組の日から 血族間におけるのと同一の親族関係を生ずる (民法727条) 普通養子縁組における養子は 養親の財産を引き継ぐ 或いは 扶養する 目的で利用されることが多い 養子は養親と実親と両方について 相続権を有することになる 逆もまた然りで 養子が亡くなった時に その養…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more