在宅勤務

会社員の友人が
今年は在宅勤務がほとんど
週に1回ほどの出勤になっているとのこと
在宅勤務のメリットは
雇用者側にも社員側にもある
優秀な人材の雇用継続につながる
通勤費やオフィスの費用が抑えられる
資料の電子化を進められる
家族と過ごす時間が増やせる
感染リスクの軽減 等々
デメリットは
勤怠管理が難しい
導入コストがかかる
職種によって不公平が生ずる
セキュリティの問題
社員同士のコミュニケーションが不足 等々
コロナ対策だけではなく
働き方改革としても導入する価値はある
新しい生活様式
在宅勤務が進み
働き方、評価方法が変わってくる
どのような形態になったとしても
人が人を評価することは難しい

"在宅勤務" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント